薄毛と言えば、イメージするのは男性かもしれません。その多くは男性型脱毛症と言われるものですが、実は女性にも同じような病気があるのです。

髪に悩む女性達
  • ホーム
  • 男性型脱毛症とストレスとの因果関係

男性型脱毛症とストレスとの因果関係

男性型脱毛症とストレスとの因果関係は、大きなものがあります。
一見関係ないように見えますが、ストレスを感じることで人間の血管は収縮するため血行が悪くなります。
血行が悪くなれば髪を作るための栄養をスムーズに運ぶことができなくなります。
それにより薄毛の進行が早まってしまいます。

ストレスは血管に影響を与えますが、現代社会においてストレスを感じずに生きるのは難しいです。
日々、ストレスは溜まっていくという方のほうが多いです。
上手に発散できればよいのですが、なかなか難しいです。

緊張したり、心配したり、不安になったりしたときには、血管が収縮し、血液の巡りが悪くなっています。
血液の巡りが悪ければ頭皮への血行も阻害され、栄養が届かなくなります。
髪を作るためにはたくさんの栄養が必要です。
しかも、常に供給され続ける必要があります。
血液は常に体内を循環していますが、髪への栄養供給は少し滞ってしまうだけでも大きなトラブルに繋がり、栄養不足により育つことなく抜けてしまうことに繋がってしまいます。

男性型脱毛症の方はホルモンの影響も大きいですが、そもそも髪に栄養が届かなければ髪を育てることができません。
男性型脱毛症でない方でも、ストレスによって血行が悪くなり、栄養が十分に届かないことは脱毛の原因になります。
ただでさえ脱毛しやすい状態にある男性型脱毛症の方で同じことが起これば、その影響は更に大きくなります。

男性型脱毛症とストレスの因果関係は思っているよりも大きなものがありますので適切な対応が必要です。
仕事などストレスを感じる環境はなかなか改善が難しいですから、溜めないように発散する工夫を生活に取り入れるようにするとよいです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ